胃カメラ検査について

胃カメラ検査とは

正式には上部消化管内視鏡検査と言い、鼻または口からカメラを入れていき胃や食道、十二指腸の内部を直接、観察する検査です。炎症や潰瘍の診断、そして胃がん、食道がん、十二指腸がんの早期発見に繋がります。

胃カメラ検査で分かる疾患

逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、胃ポリープ、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、食道がん、十二指腸がん、のどの異常、ピロリ菌感染の有無等が胃カメラ検査で発見できます。

当院の胃カメラ検査の特徴

苦痛の少ない胃カメラの工夫

胃カメラは苦しい辛いと言った先入観をお持ちの方や、一度受けた胃カメラが苦しかった方にとってはトラウマとなり、胃カメラは敬遠されがちです。そのためらいを払拭すべく当院では従来法とは異なる患者さんの気持ちに寄り添った苦痛の少ない胃カメラを実現できるよう日々工夫をこらしています。

鎮静剤を使用して眠ったまま受けられる胃カメラ検査

検査時間は10分前後です。当院では鎮静剤を使用して眠っている間に胃カメラ検査を受ける事が出来ます。眠っている間での検査となる為、苦痛を減らした検査が可能となります。

また、検査後は鎮静剤の効果が切れるまでリカバリールームで休憩いただけます。

鼻からの胃カメラ検査(口からも可)

口からの胃カメラでは舌の根元部分に触れて嘔吐反射(オエッとなる)が起こり辛い検査となってしまいます。
鼻からの胃カメラ検査では舌の根元部分を触らない為オエっとなりにくく比較的楽に検査を受けられます。

鼻から管を通すのは痛そうと思われるかもしれません。
お鼻にもしっかりと麻酔をかけますので心配はほとんどありません。

それでも鼻から通すのは嫌だと思われる方は口からの胃カメラも可能です。

また鼻の狭い方、鼻づまりの方は鼻からカメラが入らない場合もあります。その時には口からの胃カメラとなりますが、下記の通りカメラが細くなったので従来よりも苦痛は軽減されます。ご希望にそって挿入経路を選択いたします。

従来よりも細い胃カメラを使用

従来の胃カメラは11mm前後の太さです。
当院では6mm前後の胃カメラを使用し従来の約半分に細くなっており苦痛を和らげます。

検査中、検査医と介助看護師による声かけ補助

カメラが入ってくると普段味あわない感覚や違和感に戸惑ってしまい少しパニックになる方もいらっしゃいます。
その都度適切なアドバイスや声かけをさせていただき安心して検査を受けられるように補助いたします。

胃がん早期発見への取り組み

早目に胃カメラ検査を受ける事、定期的に胃カメラ検査を受ける事で、胃がんは予防できる時代となりました。
もしがんが見つかっても早期発見であれば体に負担の少ない治療(内視鏡治療、腹腔鏡手術など)も選択できます。

経験豊富な医師による胃カメラ検査

今までに1万件を越える内視鏡検査を実施してきました。
患者様が快適に検査を受けていただけるよう、丁寧に検査を行います。

富士フィルム最高機種『LASEREO』での検査

レーザー光源搭載の次世代内視鏡システム LASEREO(レザリオ)。

富士フィルムが長年培ってきたレーザー制御技術と、独自の画像処理技術を組み合わせることで、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察を可能とし、がんなどの病変部の視認性向上を実現した検査機械です。

土曜日も胃カメラ検査を実施

当院では、平日お仕事で働かれている方でも胃カメラ検査を受けていただけるよう、土曜日も検査を実施しています。

お腹の症状でお困りの方、がんなどが心配な方が少なくなるように、当院では土曜日の胃カメラ検査に着手していますので、ご活用下さい。

島原市の胃がん検診実施医療機関

当院は島原市が行う胃カメラでの胃がん検診実施医療機関です。

※島原市内在住の40歳以上の方が年1回、対象となります。

※一部対象外となる場合もあります。詳細は「当院の特徴」ページを御参照ください。
料金は40歳~69歳の方は1000円、70歳以上の方は無料です。

※胃カメラ時に生検病理組織検査、ピロリ菌検査や血液検査など必要となり追加された分には別途保険診療での費用がかかります。

胃カメラ検査を通して島原市にお住いの皆様、ひいては島原半島にお住いの皆様の健康に貢献していきたく思っています。がんなどが心配、お腹の症状でお困りの際は是非ご相談下さい。

胃カメラ検査の流れ

事前の外来受診が可能な方

検査を受けられる前に一度外来受診をして頂いた場合、検査内容を事前に御説明いたします。
安心して胃カメラ検査を受けて頂くことができるかと思います。

また、日頃飲まれているお薬がある場合はお薬手帳を御持参ください。
特に糖尿病のお薬を内服されている方は検査日の内服の可否についてお伝えしますので事前の受診をおすすめします。

事前の外来受診が難しい方

事前の外来受診が難しい方は一度当院へ電話連絡いただき検査日の予約をしていただけたら、当日の御自身の受診がスムーズになり当院の運営上も助かります。以下、step2~3の注意点をお守りいただき当日は絶食でご来院ください。

検査前日の21時以降はお食事はできません。それまでに夕食を済ませてください。
前日21時以降のお飲み物は摂取可能です。

朝食は食べないでください。お茶や水などの透明なお飲み物のみ摂取可能です。
当日服用するお薬がある方は事前に担当医師までご確認下さい(特に糖尿病のお薬)。

検査時に支障をきたす恐れのある装飾品(時計、ネックレス、入れ歯、眼鏡など)はお外し下さい。

➀胃の中をきれいにする(コップ1杯の水に溶かした)薬をのんでいただきます。

➁鼻にゼリーの麻酔、スティックの麻酔をかけます。

(口から内視鏡を挿入する場合はのど麻酔の後、マウスピースをかんでもらいます)

➂鎮静剤の注射

検査の所要時間は10分前後です。
検査中、以下の注意点を心がけていただけたら比較的楽に検査が受けられます。検査中もその都度アドバイスや補助をさせていただきます。

鎮静剤を使用しますので、検査が終わりましたら休憩室でお休みしていただきます。
(30~120分 ※鎮静剤の効き方と覚め方には個人差があります)

十分に目が覚めた後に、撮影画像をお見せしながら説明いたします。

料金表

目安となるおおよその金額です。
実際の診療内容によって金額は前後することがあります。

保険
1割負担
保険
2割負担
保険
3割負担
胃カメラ検査のみ¥2,000¥4,000¥6,000

胃カメラ検査

生体検査(生検)

病理組織検査

¥3,500¥6,500¥10,000

胃カメラ検査

ピロリ菌検査

¥3,000¥5,500¥8,000

よくあるご質問

Q胃カメラ検査は保険が適応されますか?
されます。
Q胃カメラ検査の所要時間は?
10分程度です。
Q急に体調が悪くなった時でも胃カメラ検査は受けられますか?
絶食の状態であれば受けられます。一度診察を受けていただいてからの胃カメラ検査となります。
Q検査当日はどのようにして病院へ行けばよいですか?
胃カメラ検査時は鎮静剤を使用しますので、原則、御自身の運転でのご来院はお控え下さい。
Q胃カメラと大腸カメラは同じ日にできますか?
できます。事前の外来受診が必要です。
なるべく時間のかからない方法も提案できますので詳しくは事前の外来受診の際にご相談ください。

お問い合わせ

早目に胃カメラ検査を受ける事、定期的に胃カメラ検査を受ける事で、胃がんは予防できる時代となりました。もしがんが見つかっても早期発見であれば体に負担の少ない治療(内視鏡治療、腹腔鏡手術など)も選択できます。

胃カメラは苦しい辛いと検査をためらう気持ちを払拭すべく当院では苦痛の少ない胃カメラ検査を心がけ日々工夫を積み重ねています。

この島原半島にお住いの皆様で胃がんで亡くなる方をゼロにしたいと強く思い、日々診療・検査を実施しています。お腹の症状でお困りの際やがんが心配とお考えの方はいつでもお気軽にご相談下さい。

0957-62-6305

電話受付時間

平日 8:30~18:00 / 土曜 8:30~16:00