消化器内科

以下の項目に該当する方は是非最後までお読みください

血便(下血、黒色便、粘血便)が出た

便に血が付いている、便の色がいつもより赤黒い

便の色がいつもより黒い(のりの佃煮のような真っ黒い便)

便通異常が慢性的に続いている(便秘や下痢)

腹痛、胃痛(みぞおち付近の痛み)が慢性的に続いている

食後の胃もたれ、吐き気、胃の不快感などの症状がみられる

胸焼け(胸の辺りの違和感)がみられる

お腹が張っている、ガスがよく出る

便潜血検査で陽性と指摘された

胃レントゲン検査で再検査と指摘された

ヘリコバクター・ピロリ菌の検査で陽性と指摘された

ピロリ菌の除菌治療を行っていた

上記のような項目に該当する方はお早めにご相談下さい。

消化器症状は内科を標榜しているクリニックでも診察はできます。ただ、専門的な治療が行えないため内服薬による治療がメインとなってしまいます。

当院では消化器内視鏡専門医のライセンスを取得している院長が、診察から検査も全てを行っています。「上記のような症状がみられる」「他の内科クリニックで受診したが、症状の改善がみられない」「消化器領域を専門としている医師に診察や検査をお願いしたい」「消化器内視鏡専門医に内視鏡検査をお願いしたい」などのご希望がございましたら、土井外科消化器内科医院までご相談下さい。

消化器内科とは

消化器内科とは食道、胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓、胆のうをはじめとした消化器の病気をみる診療科です。消化管は口から肛門まで連続する一本の管腔臓器であり、食べ物の消化・吸収・運搬(便などの老廃物の運搬)に関わっています。

該当する症状

食道でみられる症状

胃でみられる症状

大腸でみられる症状

消化器内科でみられる代表的な病気

食道でみられる病気

胃でみられる病気

大腸でみられる病気

消化器内科領域の治療や検査

消化器癌の治療として、内視鏡的治療、薬物治療、外科的手術の3つの治療を患者様の容態に応じて治療を行います。内視鏡による治療では粘膜やポリープを切除し、悪性部分を取り除きます。

近年罹患率が増加している潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患では、炎症を抑える薬を用いて炎症をコントロールする治療を行います。しかし症状が重篤で薬物療法による治療効果が低い場合は、外科的手術を必要とすることもあります。

過敏性腸症候群などの消化管機能異常症では胃酸分泌抑制薬や消化管の機能改善薬を用いられます。またストレスをはじめとする生活習慣によって発症する事もあり為、メンタルケアも必須となる事もあります。

当院の内視鏡検査

当院の院長は消化器内視鏡専門医のライセンスを取得しており、今までに数多くの内視鏡検査を行ってきました。胃カメラ検査、大腸カメラ検査ともに、「苦痛の少ない内視鏡検査」を提供することを第一に考え、スタッフ一同努力しております。

当院の胃カメラ検査

胃カメラ検査は食道や胃などの上部消化管を観察することができます。口や鼻からスコープを挿入して観察を行います。当院では苦痛が少なく、また快適に検査を受けて頂けるような工夫を行っています。

胃カメラ検査では自覚症状がみられない微小な胃がんであっても早期発見が可能となります。癌は早期発見することができると、根治治療も目指すことが可能となります。

胃カメラ検査について

当院の大腸カメラ検査

大腸カメラ検査は肛門や大腸などの下部消化管を観察することができます。近年、大腸がんによる死亡者数は増加傾向にあり、国立がん研究センターによる報告では2019年の癌の部位別による死亡率は、大腸がんは女性で第1位、男性で第3位と男女ともに上位をしております。また、食の欧米化などの要因もあり、今後も更に大腸がんによる死亡率は増加していくと考えられています。

大腸カメラ検査は世間一般的に「痛い」「苦しい」などのネガティブなイメージを持たれている方が多いですが、当院では快適に検査を受けて頂けるために様々な工夫を行っています。

大腸カメラ検査について

お問い合わせ

土井外科消化器内科医院では、消化器症状でお悩みを抱えている患者様皆様の健康に、今後も貢献していきたく思います。

消化器内科でみられる症状は消化器癌と似ていることもありますので、自身で判断することはとても危険です。少しでも上記のような症状を感じられた方は一度ご相談下さい。

文責:土井 康郎

0957-62-6305

電話受付時間

平日 9:00~17:30 / 土曜 9:00~14:30

  • 胃カメラ検査について
  • 大腸カメラ検査について

閉じる