ふんりゅう (アテローム)

粉瘤とは

粉瘤とは皮膚の下に腫瘍の袋ができ、その中に皮膚の垢や皮脂が溜まってできた良性の皮下腫瘍のことを言います。
粉瘤は、体のさまざまな箇所にできると言われていますが、その中でも特に背中や頬、耳たぶなどにできやすいと言われています。大きいものでは、野球ボールくらいの大きさになる場合もあります。

粉瘤には以下のような特徴があります。

皮膚が盛り上がり、数ミリ~数センチの丸いしこりがある

患部を圧迫すると、臭い膿や脂肪の塊が出てくることがある

患部がつぶれていなくても臭い匂いがするときがある

放置していても治らない

患部が黒や青に変色することがある

基本的には痛みがないが、患部を潰し炎症をおこすと痛み・腫れが生じる

このような症状をお持ちの方は小さなことでもかまいませんので症状を放置せずに当院までご相談下さい。

粉瘤の原因

粉瘤は、剥がれ落ちるはずの皮膚が、皮膚の内部で袋状の良性腫瘍を形成し、その腫瘍に角質や皮脂が溜まることで発症します。ケガによって皮膚の一部が皮膚中に入り込むことや、ウイルス感染が原因である場合があります。

また、ニキビ痕に発症することもあります。皮膚が正常に剥がれ落ちない原因については体質や体を清潔にしていないことなどさまざまな意見がありますが、直接的な原因についてははっきりとわかっていません。

放置すると悪化するの?

粉瘤は炎症が起きていない状態であれば、痛みや腫れなどの分かりやすい症状がないので、「いつか自然になおるだろう」と放置してしまう方も多くいます。

しかし、しこりが気になって自分で無理やり潰したり自然に潰れてしまった際に、傷口から細菌が入って化膿したり、腫瘍の内容物が皮下に流れて炎症をおこしてしまう可能性があります。このように炎症をおこしている状態を「炎症性粉瘤」と言います。

また、粉瘤はほとんどが良性の腫瘍ですが、長く放置していたり、炎症が続いている腫瘍の中には、稀に悪性化して「がん」になってしまうものがあります。
このように症状を悪化させないためにも、少しの異変に気づいたらすぐに病院を受診することが大切です。

治療法

粉瘤は基本的には自然治癒することはありません。完治するためには、内服薬や塗り薬ではなく、皮下にできた腫瘍を除去する必要があります。

粉瘤の除去手術は主に「切開法」と「くり抜き法」の2つです。
ただし、患部が炎症を起こし「炎症性粉瘤」へ進行している場合は、初めに排膿処置と炎症の鎮静を行うこともあります。炎症がおさまった後に除去手術を行う事もあります。

切開法

患部に局所麻酔をしてから腫瘍の直径程度の大きさで切開し、腫瘍の袋と内容物を取り出しし、縫合する方法です。数日から数週間ほど切開部分のガーゼを付け替え炎症を鎮めます。

くり抜き法

患部に局所麻酔をして直径4‐5mm程度を丸く切開して、腫瘍の内容物をもみ出し、その後腫瘍の袋部分を取り出す方法です。切開法にくらべ切開する部分が小さく、縫合も少なくすむメリットがあります。

当院では基本的に局所麻酔下での日帰り手術を行っています。
医師が1件1件丁寧に処置を致しますので、安心してご来院下さい。

粉瘤の可能性がある方は是非当院へお越しください

粉瘤は症状が進行すると、腫瘍が巨大化したり、炎症をおこす可能性があります。自然治癒することはなく、受診・治療が必要です。早めに受診することで患者様にとって負担の少ない治療法を選択することにも繋がりますので、少しでも心当たりのある方は患部を触って潰したりせずに早めに当院へご来院下さい。

0957-62-6305

電話受付時間

平日 9:00~17:30 / 土曜 9:00~14:30

  • 胃カメラ検査について
  • 大腸カメラ検査について

閉じる